飯島茜|ゴルフスイング動画解説

 

 

飯島茜選手のスイングは、細身の体格ながら体重移動を上手く利用して基本に忠実な綺麗なフォームに仕上がっています。アドレスは、両足をしっかりと広げ、あまり両足の膝は曲げていませんが、お尻を突き出し上半身を倒し込むことでボールとの距離を取っています。右肩が少しだけ下がってはいますが、ほぼ平行の両肩となっており、頭の位置も中央にありますので軸を中心に置いています。

 

また、ドライバーショットのときには、左足のかかとの前側へボールを置くのが基本と言われていますが、飯島茜選手の場合には、ボールが置いてあるティーの位置が、大きく内側の中央に移動し置かれています。グリップは左手のみを少しだけ絞り込んでおり、左腕をしっかり伸ばしています。少しだけ身体が開いて構えているようにも見えますが、軸は、ほぼ中心にあり、グリップの位置も中心に置いてアドレスを取っているのがわかります。

 

一瞬、右側へ体重移動をして、反動でテークバックとなっていますが、肩の力を中心にクラブを持ちあげています。そして左足を中心へ寄せながら振り上げています。手首も返しながら視線をボールに残し上半身が回転しているテークバックです。腰の位置は変わりませんが上半身と肩を伸ばすことでグリップの位置がトップのとき高いところにあります。

 

グリップはしっかりと固定されており、クラブが下がっているようなことはありません。左腕もしっかりと延びており胸を後方へ向かせることでトップに達しています。中心よりも、やや左に軸を持ちながら、腰を戻すことでダウンスイングをはじめています。中央に寄っていた左足も進行方向へ戻り、両足の膝が少しだけ曲がることで重心が低くなっています。

 

左腕を力強く伸ばしたまま、軸を中心に残し身体をそり返すことでバランスを取りながらインパクトとなっています。大きなハンドファーストは、ボールを捕らえると同時に左腕とクラブが一直線となり、状態を後方へ反らし振り上げています。インパクトのときは、身体の正面がティーを向いていましたが、フォロースイングへ向けて、クラブを投げ出すようにひねりを入れてフォロースルーをしています。

 

軸は中央より、やや左とった状態で、やわらかく肩を回しながらフィニッシュとなっていますが、クラブのヘッドが戻ってきているほど、力が抜けて軽いスイングになっています。左足のつま先は、最後まで動くことがなく上半身へひねりを入れても、しっかりと状態を維持していてバランス感覚に優れていることが理解できるフィニッシュです。