池田勇太|ゴルフスイング動画解説

 

 

池田勇太選手のアドレスは、少しだけ左側に重心を持ちながら構えています。また、両手を低い位置に置いていることからお尻を突き出し上半身を倒し込むといった姿勢でアドレスをとっています。グリップは、さほど絞っているようすはなく軽く握っているようです。そしてグリップの位置が中心よりも左側にあり重心に合せています。

 

つぎにテークバック開始は腰を右側へ移動させることで体重移動をしながらしています。

 

クラブヘッドを先に移動させ、左足の膝をボールのある前方へ突き出して右側へ体重移動が出来ています。左腕は伸びたまま、腰を後方へ回転しながらトップへと進みます。トップの位置は左腕がしっかりと延びているところまでで、あまり無理をしたテークバックとはなっていません。そして伸びていた右足と右腰を落とすように重心を落とし、移動させダウンスイングとなっています。

 

テークバックのはじめのころには左側へ体重移動が行われており、左足で軸を維持しています。そして身体全体を低くしてテークバックをしています。左腕はしっかりと延びたままインパクトへと向かいますが、左の腰が進行方向へ尽き出ていて状態が反れているのがわかります。右足にはすでに負荷がかかっておらず、楽な状態になっています。

 

左足にある重心と左腕が真っすぐに揃ったところでボールを捕らえています。頭は後方へ移動し、腰を接点に状態をそらすことでバランスを取っているといったスイングです。フォロースルーでは、最後まで頭を残しながら両腕の力を抜き、振り下ろしてきた力だけで軽く振りぬいています。

 

大きなインの起動をクラブは通り身体の正面がボールの飛んでいった方向へ向いたと同時にクラブを背負うというフォロースルーです。左足にあった重心は、上へ逃がされ左足からの一本軸を中心にフィニッシュとなっています。池田勇太選手のスイングは、振り子を作るために連続する体重移動が、とても綺麗に無理なく出来ているものです。

 

はじめから中心に重心を持たず左からスタートさせていることで、大きな体重移動が出来ています。フィニッシュでは、両手を上に上げることで自然と身体が伸びるといった楽なものとなっており、クラブを担ぎ込むといったフィニッシュではなく、両肩から両腕の流れを維持したところで止めて終えています。

 

そのため、クラブは、背中の位置で終えており、無理のないフィニッシュとなっています。ですが、上下のクラブ移動はなされていますので、しっかりとフルスイングが出来ていることがわかるフィニッシュです。