今田竜二|ゴルフスイング動画解説

 

 

今田竜二選手のスイングは、中心にある軸を大事に維持しコンパクトにまとめたショットとなっています。アドレスは、両足を肩幅より開き、両足の膝を曲げて重心を少しだけ落としています。また、下半身は中心よりも少しだけ左側へ軸がありますが、上半身は頭が右側にあり、ボールを覗き込むような視線で位置して中心よりも右側に軸があります。

 

結果、中心に軸を作りバランスを取っているといったアドレスです。グリップは、左手のみを少しだけ絞っており、右手の親指がグリップに真っすぐ乗せています。両腕が少しだけ上がっていて肩の力が、ほどよく抜けたアドレスとなっています。テークバックは、両腕の力のみで開始しています。後から上半身のひねりが出てきますが、腕を上げることで回っているだけで低いインの軌道へクラブを持っていっています。

 

そして、振り上げるというよりも、後方へクラブを引くというようなテークバックになっています。アドレスの時と変わらず低い位置に重心があり、下半身がしっかりとダウンスイングのためのパワーを貯めるため安定しています。また左足の膝が前方へつき出て、上半身を伸ばすことで中心にあった軸が、少しだけ右側へ寄ってトップとなっています。

 

手首は固定されており、クラブは真横になっているのがわかります。ダウンスイングは、肩から始まっています。低い位置のトップにあったグリップが肩の力で前に出てきます。同時に左足が進行方向へ戻り低くなる重心を支えています。一度落とした重心をインパクト前には上へ戻し、身体の正面でボールを拾いインパクトとなっています。

 

インパクトのときの軸は、左足側に移っており、頭を残しながらも状態を上げ、身体を反らすことでクラブヘッドとボールの距離を合わせています。左腕は、極端に伸びていなくインパクトのときに両腕の力が入っているのがわかります。フォロースルーは、クラブを先頭に身体をひねり上げ振り上げています。

 

縦の浅いインの軌道を通しながらフォロースルーをしていますが、フィニッシュまでに、とても全身が伸びきっており、左足を柱にして大きなスイングのフォローです。両肩はしっかりと回り切っており、右腕を伸ばしながらもクラブが進行方向へ戻ってくるほど振り抜いているのがわかります。

 

手首にもしっかりと力が入っていますが、状態を綺麗に伸ばすことで、肩の回転も力強いものになっているのがわかります。右足は、進行方向へ突き出している全身を抑えるように加えてあります。頭から左足のつま先まで、とても綺麗に伸びきっているフィニッシュだと言えます。