石川遼|ゴルフスイング動画解説

 

 

石川遼選手はグリップをインターロックグリップで握っています。ドライバーなどのロングクラブでは、グリップの先が左手に隠れるほど長く持っています。アドレスは右肩が少し下がった状態で右足へ重心が乗っています。また左足と左腕が平行上にあり、ボールの進行方向に向かい、多少開いた構えとなっています。

 

テークバックのときにはクラブヘッドと同時に下がっていた右肩が上がり、両肩が平行となります。そしてインサイドの起動を上げトップまで上げていますが、トップのときに左肩の上からボールを覗きこむような姿勢になり、右足に体重移動をしますが、左足膝がボールのほうへ少しだけ前に出ます。トップの位置が頭部の後ろに回ってしまいそうなほど左腕が上がっていて、クラブが真っすぐ横になっているのがわかります。

 

また、トップに行きついていてもテークバックのときの両足は変わっていなく右足への重心を保ったままです。石川遼選手のダウンスイングは、とても速いですが、左足へ体重移動をしてからダウンスイングへ移るようにも見えます。そして頭の位置が少しだけ下がりますが、それは両足の膝が曲がるのと、お腰が少しだけ前に出ることで状態が下がります。

 

インパクト時にハンドファーストを維持しつつ、腰を前に突き出すような状態でボールを捕らえています。インパクトでボールを捕らえているときには、すでに、お腹がボールの進行方向を向いており左足へ重心が移動しています。石川遼選手のヘッドスピードの速さは、この腰とお腹のヒネリの速さからなっているのがわかります。

 

また、フォロースイングへと状態が起き上がるのも早いですが、頭の左右の位置は変わっていないといったスイングです。左腕は真っすぐに伸びており、右手の力が上手く消されているインパクトです。フォロースルーの途中で、ボールの進行方向へクラブを投げるような状態になりますが、両足を伸ばし腰の位置を上げることで引き戻すといったスイングになっています。

 

フォロースルーの振りぬいたあとは、身体が正面を向いており、後ろへのけぞるような姿勢になっています。このことから、石川遼選手が柔軟性のある方だということがわかります。フィニッシュ時には、左足がしっかりとした柱になっており、バランスが保たれております。また、右肩がしっかりと上がっていることからフルスイングとなっているのがわかります。

 

大きな縦の起動を通ってきらクラブが、最後にはコンパクトにまとめられており、身体と両腕が近いところにあり、楽な体制でフィニッシュとしています。