加賀崎航太|ゴルフスイング動画解説

 

 

加賀崎航太ゴルファーは左打ちです。右打ちの方も、普段、右打ちで見えないところや気づかないところが解りますので、とても参考になります。加賀崎航太ゴルファーのスイングは、身体の柔軟性を最大限に活かした伸びのあるものとなっています。この動画はドライバーショットですが、左足のかかとの直線上よりも進行方向へボールを置いています。

 

左足のみを曲げて、頭を若干左側へ置き軸を中心よりも左に置いています。また、右足のほうが左足の位置よりも後方にあり、身体が開いたアドレスです。右腕とクラブが一直線になっており、右足の前にグリップがあります。そして右腕に対し左腕のわきがしっかりと締められており、左腕を伸ばすことを意識しているアドレスとなっています。

 

アゴがボールの方へと斜め上から視線と同じように向いていますので、自然と左肩が右肩よりも下がっているといった構え方です。グリップでは、右手はあまり絞り込ますに握り、左手を大きくかぶせるように添えています。これも、右腕の直線上にクラブヘッドが来るよう意識したことからなのかもしれません。

 

テークバックは、手首を返すことからスタートしており、クラブヘッドへ視線を移し大事に振り上げていきます。右足を内側に入れながらクラブを振り上げていますが、しっかりと左腕を伸ばしており、軸をしっかりと縦に維持しています。トップの位置は、あまり高いとは言えず、振り上げ幅が小さいところでトップとなっています。

 

ダウンスイングは、右肩を落とすことから開始しています。同時に両足を曲げて重心を落としながらクラブを降ろしています。綺麗なハンドファーストを維持しながら、腰の回転と一緒に両足を伸ばし上体を起こしてインパクトとなります。左腕はしっかりと延びており、腰の回転と肩の力からクラブのシャフトへしなりが出来てタメが生まれています。

 

インパクトのときも、若干ハンドファースト気味でボールを捕らえており、腰を突き上げていることで力強いショットとなっています。クラブを投げ出すように振り上げるフォロースルーでは、柔軟な身体が前方へ飛び出しそうなほど突き出されており、大きな円を描きながらクラブが帰ってくるといったフォロースイングです。

 

ラストは、しっかりとクラブが回り切っており、身体を反らしバランスを取っています。右腕が伸びていながらもクラブは進行方向へ戻ってくるほど振り抜かれており、肩の柔らかさがわかります。右腕も曲げてはいるものの、身体から離れているとことにあり、手首を固定しながらも両肩を回転させることで振り抜くといったフィニッシュです。