金田久美子|ゴルフスイング動画解説

 

 

金田久美子選手のアドレスは、両足を広く広げ左足を少し曲げたスタンスをしています。このドライバーショットでは、ボールの位置は左足かかと前ですが、ドライバーのヘッド部分は、ボールより手前で構えています。そして、金田久美子選手のアゴがボールに向いていていますが、左腕とクラブは斜めに直線となっておりクロスしたスタンスです。

 

両腕でゆっくりと開始するデークバックは、途中まで腕だけの力で振り上げています。そしてトップに近くなったところで、初めて腰が回転しアゴの方向も内側へと変わっています。左足の膝も、トップ手前で内側に折れ込むような形になっていますが、金田久美子選手特有の体重移動と言えます。右足への体重移動が少ないため、軸がぶれていません。

 

トップの位置は、それほど振り上げていないですが、背中の方までクラブのヘッドが行っていることから、腰と肩に柔軟性があり柔らかい身体だということがわかります。また、左腕を伸ばしていられる限界を知っているのか、無理のないテークバックで十分なタメが出来ています。ダウンスイングでは腰から開始していますが、同時に左腕にもしなりが出来ておりヘッドスピードが上がるように感じます。

 

テークバックの最中に左足へ体重を大幅に移動しており、腰の回転をスイングの力に加えています。また、右足の膝を織り込んでいますので腰の位置が少しだけ低くなります。そしてインパクトの時には。上体を起こすのと同時に、ボールを捕らえており、左足にあった体重を起き上がる上半身と共に後ろへ解放しています。

 

このことから、インパクトの時にヘッドスピードがさらに上がっています。右肩がボールを掘り上げるような起動になっており、左手グリップがブレーキの役目をしてタメが作られています。腰のひねりを戻す力によってダウンスイングをしましたが、インパクト後にもお腹がボールの進行方向へは向いていなく腰を中心に円を描くようなスイングです。

 

フォロースルーでは低い位置をクラブが大きくインの起動を通っていますので、全形姿勢でインパクトに入り、上半身をそり返らせ小さなフォロースルーでも強い弾道を打ち出しているスイングです。フィニッシュでは、クラブを担ぎ込むような体制で終わっていますが、左足だけに重心を置かずに後方への重心を右足でも支えながら中心を維持しています。

 

そして、右手が後頭部のところまで回っているといったフルスイングが出来ていますので、細身の金田久美子選手でも、力強く伸びのある打球を打ち出せ、飛距離が稼げるといったスイングです。