片山晋呉|ゴルフスイング動画解説

 

 

片山晋呉選手のスイングは、あまり両足を広げずにスタンスを取るアドレスから始まります。ドライバーショットですが、あまり左にティーを置かずに、普通の方がたよりも中心に近い位置にティーがあるように見えます。若干、右肩が下がってはいるものの、ほとんど両肩は平行となっています。グリップは左手の甲がボールの飛んでいく方向を向いていますので、あまり絞り込んではいません。

 

テークバックはクラブヘッドからスタートしています。そして両肩へ平均的な力を加えテークバックを開始させています。トップまでは、左足のかかとを浮かせ、膝を内側へいれ込むようにして重心移動をしています。しっかりと移動された重心は右足で堪えられ、左肩のみを振ることでトップへと流れており、腰やお腹は、さほど回っていないのがわかります。

 

トップの位置は、あまり高くなく、片山晋呉選手の肩よりも少しだけ上で停まっています。クラブヘッドも高い位置で終わっており、手首を返すことを抑えています。ダウンスイングは、右側にあった重心を腰と左足を落としことで移動させながらスタートしています。同時に右腰が少しだけ落ちていて、ダウンスイングのスピードを上げています。

 

インパクトのときには、頭を残しながら腰とお腹を前方へ突き出すようにしてボールを捕らえています。左足はバランスを崩さないよう、重心を保っていますが、体重移動が速いために回り出しています。大きなハンドファーストとなっていることで、十分なタメが出来ています。

 

フォロースルーは、インパクト後の流れでお腹を突き出すようにして、クラブへは力を入れずフィニッシュしています。左足で押さえていた重心を上へ逃がし、右腰を前進へ出すことと、少しだけ上半身をそり返すことでバランスを良くしています。クラブの起動は浅いインサイドインになっていますが、フィニッシュのときのクラブの位置から見ると、インパクトのあとのクラブの起動は縦の

 

ボールが飛んでいく方向を向いていますので、押し出すようなショットとなっています。そしてフィニッシュのときには、身体がとても伸びきっていますので、身体全体でスイングをしているのがわかります。左足に体重が集まっていますが、身体を伸ばし、反り返すことでバランスをとっています。

 

右肩が後方へクラブを回すことへの力を手助けしていますので、左腕が自然な流れで後ろに回っておりクラブが最後まで力強いスイングをしています。クラブヘッドが進行方向へ戻ってくるほど振り抜いており、豪快なスイングとなっています。