木戸愛|ゴルフスイング動画解説

 

 

木戸愛選手のスイングは、両足を肩幅よりも大きく広げグリップの位置を低くしているアドレスから始まっています。左足の膝が多少曲がってはいるものの、軸を中心に持ち、両肩も並行にして構えています。頭も中央に置いてあり、グリップの位置は少しだけ左よりに置いてありますが、軸は、ほぼ中央になっているアドレスです。

 

そして、両腕のわきを締めて、自然と両腕が伸びるようにしている構え方です。グリップは、あまり絞り込まずに握っており、右手は左手にかぶせるように軽く添えています。左腕を伸ばしたまま、左腕と肩の力を利用してテークバックを開始しています。縦のインを通る起動でクラブを振り上げトップへと達していますが、左足を中央へ寄せながら重心を右側へ移動しています。

 

ですが、それほど深い体重移動はされていなく、両腕をしっかりと伸ばしたテークバックとなっています。トップの位置は、さほど高い位置にはありませんが、肩がしっかりと回っており、両手のグリップが後方へと回りトップとなっています。お腹とお頭は残したまま、胸だけをひねりトップに達してから、左足を進行方向へ戻すことからダウンスイングが開始されています。

 

ダウンスイング開始時に左腕に綺麗なしなりが出来ており、腰の回転を加えクラブを振りおろしています。ダウンスイングの途中には右足が中央へ入り込み、落ちていた左肩が上がり上体を起こし始めています。そこでクラブのシャフトにもしなりが生まれてタメが出来ています。上げている左肩と腰を左足でしっかりと押さえインパクトとなりますが、右腰を振りだすと同時にボールを捕らえており、左腕を真っすぐに伸ばしながらインパクトをしています。

 

左側へ重心を移動していましたが、状態を反らすことで頭の位置を維持をバランスをとっているのがわかります。胸が正面に来ているときにボールを捕らえており、ハンドファーストは弱いもののフェイスで確実にボールを捕らえているのがわかります。フォロースルーは、軸を中心に残したまま、両腕の力だけで自然に振り上げています。

 

上半身をティーの方向へ倒しこむように浅いインの起動を通るフォロースイングになっており、左足のつま先を進行方向へ向けることでバランスを良くしているショットです。フィニッシュは後方にあった上半身を進行方向へ戻し安定した体制で終えています。そして、クラブが進行方向へ戻ってくるほど振り抜いています。

 

クラブは、真横になる状態を維持していますので、左肩がしっかりと回っており、手首もしっかりと固定されているフィニッシュです。