北田瑠衣|ゴルフスイング動画解説

 

 

北田瑠衣選手のスイングは細身の体系と柔軟性のあるバネを使いショットしているスイングです。アドレスは、両足の膝を曲げずに伸ばしたままで構えています。そして、少しだけ上半身を前かがみにしているので、身体とボールが近い位置にあるのがわかります。また、両腕のわきをしっかりと締めて絞り込んでいます。

 

頭の位置は、中央よりも、やや右側にあり、ボールへ斜め上から視線を充てています。両肩は、右肩のほうが少しだけ下がっており、軸が中央よりも、やや右側に置いて構えています。グリップは、左手をしっかりと絞り込み、左腕も伸ばしながら絞り込んでいるのがわかります。右手は、ほんとうに軽く添えるていどとなっており、左手が軸になっています。

 

ティーの位置がドライバーショットではありながら、少しだけ中央にあるように見えます。そして、視線はボールを横から覗き込むようにしてアドレスを完成させています。テークバックは、少しだけ体重移動をし、右足を柱にして左足と左肩を内側へ織り込ませるようにして開始しています。左腕はしっかりと伸ばしたまま、上昇ではなく、後方へクラブを振っています。

 

トップの位置も後方にあり、肩が良く回っているのがわります。軸をほぼ中央に残し上半身を伸ばすことでトップへの高さを得ています。ダウンスイングは、左足を進行方向へ戻し解放することでスタートされています。同時にしっかりと回っていた肩が戻り、伸びていた上半身を下げ、重心を降ろしながらダウンスイングをしています。

 

中央にあった軸は左側へより、ダウンスイングの早い段階から左足へ力が入っています。ダウンスイングの途中から、上体を起こし左足にとても力が入っています。インパクトまえには、腰がひねりを作っており、お腹が進行方向へ向いています。頭は残しながら左手をしっかりと伸ばしインパクトしています。インパクトのときのグリップが、アドレスのときと同じように、とても絞り込んだ状態で左手の甲が前方へ見えています。

 

右肩も落ちておりアップ気味にフォロースルーと流れています。フォロースルーは状態を大きく反らすことで縦の起動をクラブが通って振りあがっています。フィニッシュでは、腰が突き出されており、腕もしっかりと後方へ回っています。そして最後まで左腕を伸ばしことへ意識をしながら、手首を楽な状態にしてクラブが進行方向へ戻ってくるほど振り抜いています。

 

そのクラブは、真横になった状態を維持しており、肩に担ぐような姿勢となっています。左足には軸が集まっていますが、右足の力も加えることでバランスをとってフィニッシュとしています。