古閑美保|ゴルフスイング動画解説

 

 

飛ばし屋でも有名な古閑美保選手のスイングは、身体全体を使っていることで飛距離とつながっているのが解ります。古閑美保選手のグリップは左手の甲をクラブヘッドの方へ向かせた絞り込むような握り方をしています。右手は、左腕とクラブの直線を支えているように軽く添えています。

 

アドレスのスタンスとして、両腕を寄せ合い身体はボールの進行方向へ平行した形です。両肩からテークバックが始まっており、左手の絞るように握っていたグリップが、さらに絞り込まれながらクラブが上がっていきます。そのことより、クラブフェイスが多少開いていきます。軸は中心に残したまま、右足へ体重を移しつつトップへと上がっていきますが、両足のスタンスの幅が狭いため右足への負担が少なく、左足の膝を内側に入れることで無理のない重心維持が出来ています。

 

また、腰を曲げることで、お腹がボールの進行方向と逆の方向まで向いています。テークバック開始のときに、視線がクラブのヘッドへ移され、追っているのがわかります。トップの位置がとても高い古閑美保選手のスイングは、全身で押し出すようなインパクトへと進みます。トップのときには、クラブのヘッドが後ろの視線に入るほど上がっていていますが、決して左腕が曲がっているわけではなく肩が柔らかい、しなやかなテークバックです。

 

左肩優先でダウンスイングへ入りますが、内側に入っていた左足が開くような姿勢で戻り、軸を保ちながら腰を戻しています。大きなハンドファーストと感じるダウンスイングですが、インパクトのときは、ほぼ左腕とクラブがアドレスのときのうように一直線になっています。そしてインパクトのときには、左の腰がしっかりと固定されています。

 

頭の位置も上下することはなく、インパクトからフォロースルーへと流れます。クラブを下からボールと一緒に投げ上げるようなフォロースルーになっており、左に作っていた壁へお腹を付けるようなスイングになっています。フォロースルーで振りぬいたときに身体の正面がインに入っていることからインサイドインの起動が解ります。

 

フィニッシュでは、左足をしっかりとした柱にしており、左腕を伸びきった状態が維持されています。そして、手首も楽な状態になっており、クラブが、進行方向へ戻ってくるほど振り抜いています。右肩も良い位置にあり、飛距離を出す古閑美保選手の大きなスタイルのスイングが飛距離アップへの理由だということがわかります。ドライバーというロングクラブの特性を活かしたスイングです。