日下部智子|ゴルフスイング動画解説

 

 

日下部智子選手のスイングにはプロ根性が表れています。166センチの身長の日下部智子選手のアドレスは、両足を肩幅よりも広く開いているほどで、あまり重心を低くしない状態で構えています。両腕は、真っすぐ地面に向けて降ろしていて、左腕を伸ばしています。また、両腕のわきがしっかりと締められており、左腕を伸ばすことを助けるといったアドレスです。

 

この動画はドライバーショットですが、左足のかかとの直線上よりも、さらに進行方向側へボールを置いています。頭の位置は、ほぼ中央にあり、両肩も右肩が少しだけ下がってはいますが、ほぼ平行となっているアドレスです。グリップは、あまり絞り込まずに左手の甲が進行方向へ向いているほどにしており、右手は軽く添えている程度で握っています。

 

頭は、ほぼ中央に位置し軸が中心にあります。テークバックは、腰を移動させるところから始まっています。テークバック開始直後に左腕に力が入り、手首を返しながらクラブを振り上げています。肩の回転を重視し、下半身は、ほぼアドレスの状態を維持しながらトップとなっています。頭と視線をボールへと残し、両足の膝が多少曲がってはいますが、重心は高いところに位置しています。

 

ですが、左腕がしっかりと伸び後方へトップを取っています。トップまで上げた力の反動を上手く利用し、一呼吸を持ち腰を戻すことからダウンスイングを開始しています。同時に左肩を回転させていますが、ダウンスイング前半で左肩を上げており、大きなハンドファーストとなっています。左足に体重をかけながら、上半身を引き上げると同時にインパクトとなっています。

 

クラブのシャフトには、大きなしなりが出来ており、肩を上げていることからヘッドスピードが上がっています。左足と左腕が綺麗に重なるときにボールを捕らえており、ショットの正確さがわかります。フォロースルーでは、手首を返しながら浅いインの起動をクラブが通っています。早い段階で、左足を柱に縦のラインの重心があり、後方に反れていた上半身が戻ってバランスを取っています。

 

進行方向へ全身を移動させることでフィニッシュ時の状態を安定させて、腕ではなく、肩を柔らかく回しクラブヘッドが前方へ戻るほど振りぬいています。腰も回ることで上半身の柔軟性を活かしクラブをしっかりと振り抜いているといったフォロースルーとなっています。

 

そして、両腕は曲げられることで、頭の近くにグリップを引き寄せていますので、さらなるバランスの安定となっており、右足と左足の間隔が狭いフィニッシュですが、バランスを崩すことのない状態となっています。