ローリー・マキロイ|ゴルフスイング動画解説

 

 

身長が178センチのローリー・マキロイ選手は、とても速いスイングをしています。アドレスは、両足の膝を少しだけ曲げ、お尻を突き出し重心を落としています。あまり上半身を前かがみにはせずにグリップの上に頭が来るように構えています。あまり拾いスタンスを取ってはいなく、両肩は平行に近い位置にあり、頭の位置が中央にあることから、軸を中心に置いて構えているアドレスです。

 

グリップは、クラブの根元が出るほど短く持っており、両腕がティーの方法へ開いているのがわかります。ですので、あまり絞り込む握り方ではなく多少、開き気味に握っているグリップです。テークバックは左肩を回すことから始まっています。あまり全身の状態を変えないように肩を回し込み、左腕を伸ばしながら振りかぶっています。

 

左足の膝が中央へ寄り、右足から腰までのラインを伸ばすことで、トップの位置を後方へ持って行っています。軸は、ほぼ真ん中にあると思われますが、バランスを崩す前にテークバックまでの動きの反動を利用してダウンスイングとなっています。トップの位置は、後頭部の後ろほどですので、あまり高いところにあるとは言えません。

 

ダウンスイングは重心と落としながら左足を戻すところから始まっています。肩と腰の回転を加え、クラブのシャフトに大きなしなりが出来ています。大きく外側の軌道をクラブを通し左腕を伸ばしながらインパクトへと向かいますが、腰の回転が速くインパクトまえに進行方向へ向いています。
そして、上体を起こしながらハンドファーストでボールを拾っています。

 

インパクトのときには、中心に軸があり、両足で重心を支えながら上半身を反り返しバランスを維持しています。フォロースルーは、あまり手首を返さずに自然な流れてボールを打ち上げています。前かがみの上半身ではありませんが、上からかぶせるようにクラブを振っており縦の浅い軌道のインを通ってフィニッシュとなっています。

 

左足はしっかりと延びており、腰を進行方向へ大きく突き出し、上半身を反り返すことでバランスの良いフィニッシュとなっています。腕だけではなく肩も良く回っていて、クラブが戻ってきているほど振りぬいているフォロースルーです。テークバックとダウンスイング、そしてフォロースイングと速い動きで連続させているスイングです。

 

クラブと一緒に後方へ回り込んでくる両腕は、大きな外側を回りながら後ろに行っており、限界の位置までいったグリップを頭の後ろに戻すようにして引き寄せています。飛んでいったボールを見ても理想的な弾道を放っているスイングです。