ルーク・ドナルド|ゴルフスイング動画解説

 

 

ルーク・ドナルド選手のスイングは、前後の体重移動を上手に使ったものとなっております。アドレスは、中心よりも多少右側へ軸を置き、両足を開いて構えています。また、ボールの進行方向へ向けて身体が少しだけ開いています。身長のある選手には多いですが、上半身を前へ倒し込みボールのあるティーとの間合いを取っています。

 

そして頭の位置は中心よりも右側に置いてあり、同時に右肩と一緒に下がっておりボールを斜め上から覗き込むような視線となっています。グリップは両手とも平均的に絞り込んで握っており、左腕を降ろすように伸ばしています。右手の親指も、グリップに真っすぐ添わせるのではなく、少し斜めから力を入れているのがわかります。

 

頭も少しだけ右側にあり、ボールを横からのぞくように視線を合わせています。テークバックは、肩の力を入れることから始まっています。両腕の力は、それほど力むことなく、両肩の力を均等にクラブを振り上げています。同時に、左足がボールのある前方へ、突き出し開き気味だった身体の正面が腰だけ、ボールへ向っています。手を返しながらトップへと流れて行きますが、若干右側に軸が移動しているものの、ほとんど体重移動はされていません。

 

テークバックの起動は、低いインを通っており、後方へ振り返すといったテークバックです。トップの位置は、低いところで止まっており、グリップはしっかり固定され力が入っています。ダウンスイングは、前方に突き出した左足を進行方向へ移動させることから始めています。同時に肩の力が入り、クラブのシャフトが、多くきしなっているのがわかります。

 

頭を残しながら腰の回転を加えインパクト前には、全身を伸ばしボールを捕らえています。左足を内側、外側へ移動させることで小さな前後の体重移動が出来ており、左腕をしっかりと伸ばしたところでインパクトとなっています。フォロースルーでは、状態を反らしバランスを取りながらクラブを振り上げています。

 

重心は左足に集まっていますが、身体を反らすことで軸は中央へ残しながらフィニッシュとなっています。そして、両手の位置は、高いところで停まっており、クラブもしっかりと浮いた状態を維持したところで停まっています。肩は、さほど無理をせずに後方へ曲げることをしていなく、上へ振り上げるといったフォームとなっています。

 

クラブは、頭の後ろで真横になるように持っていて、手首の力も、最後まで抜かないといったフィニッシュです。大柄の選手ですので、大きなスイングを意識しているからこそなるフィニッシュの形だと言えます。