丸山茂樹|ゴルフスイング動画解説

 

 

丸山茂樹選手のスイングは、とても綺麗にまとまっていて、当時、丸山茂樹のスイングみたいになりたいという人がたくさんいたほど上手なスイングです。この動画は、ティーショットではありますが、飛距離を抑えるためにドライバーではなくフェアウェイウッドを持っています。両足の膝を軽く曲げ、あまりスタンスを広くはせずに構えています。

 

お尻を突き出してはいますが、それほど前かがみにはなっていないアドレスとなっています。両肩は、右肩が少しだけ下がってはいますが、それほど意識をして下げているとは言えず、ほぼ平行に並んでいます。頭の位置は、中央に置いてあり、真っすぐにボールを見下ろしています。両足の力でしっかりと上半身を支えており、とても安定したアドレスです。

 

グリップは、左右の力を平均的に握っており、腕の力を抜いて楽な感じにクラブを持っています。一瞬、両足の膝が曲がり重心を落としてからクラブを振り上げテークバックが始まっています。丸山茂樹選手のスイングは、フィニッシュまでの連続して行われる各筋肉の使い方が上手で綺麗ですので見てみましょう。

 

左腕をあまり力を入れないよう伸ばしながらクラブを振り上げ、左足の膝を内側に入れ込むのと同時に上半身にひねりを入れてトップへと上がって行っています。トップは、それほど高いところになく、グリップでクラブをしっかり固定はしていますが、両腕の力はそれほど強く入っていなく、楽な姿勢を維持しています。

 

肩も回り切っているとは言えないほどで抑えてトップとなっています。ダウンスイングは、トップへ上がった力の反動を利用して、両足の膝を落とすことで重心を低くしながら開始されています。ダウンスイング開始早々にクラブのシャフトには、しなりが出来ていて力強さを感じます。

 

右足を中心に移動し軸を左側へ移しながらダウンスイングをしていますが、グリップが、あまり身体から離れてないところを通っていて、左腕にしなりが出来ているものの、あまり力を入れずに腕を楽な状態でインパクトをしています。手首を返しながらインパクトのあとは、斜めの角度でフォロースルーをしており、全体のバランスを維持しながらクラブが戻ってくるほど振りぬいてフィニッシュとなっています。

 

両腕は、ヒジを曲げて楽な状態となっており、クラブを担ぎ込むようになっています。そして、左足のつま先は、アドレスのときと変わらず、ティーの方向を向いていながらも、反り返している上半身を支えているといったバランスを崩していないといったフィニッシュとなっています。