ミシェル・ウィー|ゴルフスイング動画解説

 

 

ミシェル・ウィー選手のスイングは、大きな円を描くスイングを低い位置で回しながらショットしています。高身長を活かしたスイングと言え飛距離を伸ばすためにクラブの機能を最大限に活かしたドライバーショットです。グリップはそれほど絞り込んで握ってはいません。左手の甲が進行方法へ向いており、腕にも力が入っていなく軽く握っているのがわかります。

 

身長が高いミシェル・ウィー選手ですが、両足の膝は曲げずに上半身を前かがみにすることでボールとの距離を測っています。軸は中央にあり、重心を前後でバランスを取ることで安定したアドレスです。手首を返すことでテークバックとなりますが、頭を残しつつ少しだけ左足の膝を内側へ入れながら振り上げています。軸は中心よりも、やや右に移動しますが、トップのときには左に移動しており、あまり体重移動をしていないテークバックです。

 

トップの位置は、あまり高いところにありません。大柄なミシェル・ウィー選手ですが、後ろ側へクラブを振り上げるといった深いインの起動を通ったテークバックです。左腕はしっかりと延びており左肩がしっかりと前に出ています。いっぱいに振り曲げた左の肩を戻すことからダウンスイングが開始されています。

 

同時に左足の膝が進行方向へ向っており、重心が中央より左側へ移動します。左腕をしっかり伸ばしていますが、腕にもしなりが出来ておりヘッドスピードを加速しているのがわかります。全身を低くしながらインパクトへと向かいますが、浅いハンドファーストはショットのときにクラブヘッドが追いついており、左足を軸に低い体勢を上へ伸ばしボールを拾っています。

 

ボールの位置に達したときに手首を止めてクラブヘッドを先行させボールを捕らえていますが、左かかとよりも少しだけ進行方向にティーの位置があるのも飛距離を伸ばしている理由の一つでしょう。フォロースルーはテークバックに比べ浅いインを通る起動となっており縦の起動を通っています。

 

左足に軸を持ちながら全身を回転させることでバランスを保っているスイングです。フィニッシュでは、左肩が後方を過ぎるほどよく回っており、両腕を織り込むことでクラブを担ぎ込むように持って終えています。クラブは、真っすぐに横に倒れており、クラブヘッドが後ろを通りながら正面で見えるほど振り抜いています。

 

大きなスタンスのスイングは、どうしてもバランスを崩してしまうものですが、ミッシェル・ウィ選手のスイングは、とてもバランスが良いスイングになっています。