三塚優子|ゴルフスイング動画解説

 

 

三塚優子選手のスイングは、飛ばし屋さんではありながら、とても軽い綺麗なフォームとなっています。アドレスは、両足を広く開き両手のグリップを左足の前において構えています。両足の膝は、ほぼ真っすぐな状態で、前傾姿勢と左腕をしっかりと伸ばすことでボールとの距離を調整しています。

 

頭は、ほぼ中央に置き両腕のわきを締めて両腕の力を入れています。また、右肩が少しだけ下がっており、中央に頭がありますが、少しだけボールを横から覗き込むように視線を当てています。グリップは左手のみを絞り込み、右手は軽く添えて親指でクラブを固定しています。アゴを残しながら、両手と両肩の力のみでテークバックが始まっていますが、腰のひねりも浅く、肩も回り切っているとは言えません。

 

ですが、左腕をしっかりと伸ばしトップのグリップの位置が、とても高いところにあります。左足の膝が内側へ織り込まれていますが、さほど体重移動はされていなく中心よりも多少、右側へ重心があります。左肩をテークバックの反動を利用し、戻すことからダウンスイングが開始されています。左腕をしっかりと伸ばし、手首を固定しながらハンドファーストを作り振り下げています。

 

三塚優子選手の飛距離の秘密は、この肩から始まっているダウンスイングにあると言えます。左足をしっかりと地面に付け腰のひねりを加えインパクトとなっています。軸はやや左ですが、中心にありインパクト前にはクラブのシャフトがしなりと作っていて、タメが出来ています。インパクトと同時に状態を引き上げて、左腕をしっかりと伸ばした直線上でボールを捕らえています。

 

頭はしっかりと残っており、身体の正面をボールの飛んでいく方向へ突き出すようにフォロースルーをしています。左足で重心のバランスを維持し、手首の返しと上半身の反り返しをしながら振り上げているショットとなっています。縦のラインの軸ですが、あまりバランスを崩すことがなく、両足の筋力が強くバランス感覚が良いスイングだと思われます。

 

フィニッシュでは、とても身体が伸びており、身体の柔軟性の良さを表しています。また左足のつま先がティー方向に向いていながら、身体を伸ばしてもバランスが崩れることがなく、下半身の筋力があると言えます。そして、クラブは、正面に戻ってくるほど振り抜いています。左肩もしっかりと回っており、肩が柔らかい選手です。

 

手首もしっかりと固定されていますので、身体を伸ばした状態でもクラブヘッドが地面を向いていなく上部に位置していますので、力を入れながらもバランスを取っているフィニッシュです。