宮里藍|ゴルフスイング動画解説

 

 

宮里藍選手のスイングは、初心を忘れないといったスイングです。数を打つことでスイングには特徴が多く見られるものですが、宮里藍選手の場合は基本を崩すことがなく維持したスイングで、なかなか真似の出来ないことです。グリップは左手を少しだけ絞った握り方をして、右手はほとんど力が入っていなく軽く添えています。

 

腰を低い位置に落とし重心を安定させたアドレスを取っています。右肩が少しだけ下がっていますが、左腕とクラブを一直線にすることを強く意識したアドレスです。両足の膝も少しだけ曲げる程度で中心に軸を作っています。手首から開始するテークバックはゆっくりとスローモーションのように上がっていきます。

 

頭の位置はまったく動くことなくテークバックが上がっていくのと、腰を曲げて少しだけ右へ重心が移動します。左足はアドレスのときにあった中心の重心位置程度に内側へ入っていますが、それほど曲げているわけでもありません。そして左腕を曲げないといったことを守りつつトップへと向かいます。

 

クラブのヘッドはボール進行方向へ向くほど上がっていますが、両腕とグリップ位置は、さほど上がっているわけでもなく浅いテークバックです。トップのときは両肩が平行になっており、左腕にしなりが出来ています。重心も多少、右側へ移動はしているものの、ほとんど中心に近い位置にあります。
そして腰と内側に入っていた左足の膝を戻すことでダウンスイングとなります。開始直後に左腕のしなりが作られており、ヘッドスピードを上げていきます。大きなハンドファーストのテークバックと右側にあった体重をいっぺんに左へ移動しようとさせます。そのとき右足が膝を織り込むように左への重心移動を手伝っています。

 

そして腰の重心も低くなりますが、左へ軸が移動していますので頭が中心よりも後方へ移動しています。インパクトのときには左の軸を最大限に維持し、アドレスのときから守ってきた左腕とクラブの一直線でボールを捕らえています。多少、状態がそり返ってはいますが、腰を前方へ突き出すことで強いスイングとなっています。

 

フォロースイングでも左腕を曲げることなく自然な流れで行っており、力が入らず素直なスイングが出来ています。フィニッシュでも、身体全体でクラブを振り抜いており、クラブが進行方向へ戻ってくるほど振り抜いています。また、左腕を伸ばすといった意識を残しつつ自然なしなりが出来ており、上半身のしなりと一体化された体制で、とても綺麗なフィニッシュです。