宮里美香|ゴルフスイング動画解説

 

 

宮里美香選手のスイングは、とてもパワフルなものとなっています。クリップは左手のみを絞り込むように握り、両足を広く広げ、前傾姿勢で構えています。両足の膝は少しだけ曲がっていますが、お尻を突き出し上半身を前に織り込むようにしてアドレスを取っています。クラブヘッドを意識しながら両腕でテークバックとなりますが、左肩のみでトップまで上げるように流れており、追って左足の膝が少しだけ内側へ入っています。

 

上半身を前傾姿勢にしていることから肩だけでトップへと近づけています。トップの位置は、さほど高い位置ではなく、左の腕を伸ばすことを重視しています。腰の高さはアドレスのときと変わらず低い位置を保っています。そしてダウンスイングでは、低い重心が、さらに低くなります。

 

左腰と左足の膝を進行方向へ戻すことからダウンスイングが始まっていますが、クラブヘッドは縦よりも横を通って降りてきているのがわかります。そして右足の膝も重心を落とすことに協力をして、同時に左腰を上げることで体重を移動させています。インパクトのときには、頭が後方へ下がるほど状態が反れており、右肩が低い位置を回っていっています。

 

そのことからクラブヘッドは、さらに低い位置を通ってボールへ向っています。ボールを捕らえたときには左腰が上がっており、アップぎみに打ち上げているスイングです。左足はしっかりと壁を維持し、腰を前に出すことと、頭を反らすことでバランスを取っています。インパクトのときは、身体が正面を向いており横のヒネリだけで軸を保っているスイングとなっています。

 

クラブを進行方向へ投げ出すようにフォロースルーになりますが、頭の位置は後方に残したまま、腰とお腹も投げ出すような姿勢となっています。また、左足はしっかりと縦のラインを維持しており、下からくぐり抜けてきた遠心力を引き戻す力へと変えています。フィニッシュでは後方にあった頭も進行方向に戻りながら、身体全体で縦のラインを作りバランスを取っています。

 

両手は背中のところまで達していますが、背中が進行方向へ向くような勢いで回転しており胸を張り上げているスイングです。後方へ回す腕の力も強く、クラブが真っすぐに横になるほど力強いフィニッシュですが、クラブヘッドが上がってしまうほど回転させており、手首も最後までしっかりと固定しています。

 

両肩がよく回っていることで身体の柔軟性を活かしたパワフルなスイングとなっています。長いクラブの性能を活かした大きなスイングです。