宮里優作|ゴルフスイング動画解説

 

 

この動画のスイングは、まさに理想とも言える弾道のものとなっています。アドレスは、両足を揃え膝をあまり曲げずに左右に広げることで重心を落としています。また、お尻を突き出し上半身を前方へ倒し込むことで両手の位置を低くしていて、肩からグリップ、そしてグリップからクラブヘッドへと、くの字が出来ています。

 

背中がしっかりと延びており、お尻の突き出し方や頭を支えている首の状態などが明確にわかる基本的なスイングのアドレスと言っても良いでしょう。頭の位置は、ほぼ真ん中に置いていて、ボールを真っすぐ見るといった視線になっています。また、両腕のわきがしっかりと締められていますので、左腕を伸ばすことが出来ているといったアドレスです。

 

グリップは、あまり絞り込まずに握ってはいますがクラブをめいいっぱい長く持っています。テークバックは肩の回転をはじめに開始しています。左腕を真っすぐに伸ばすよう力を入れて頭を残しながらクラブを振り上げています。左足の膝を内側に入れ込み、中心にあった軸が右側へ移動しています。

 

トップは、左腕がしっかりと延びていることから、あまり高い位置ではありません。ダウンスイングは、テークバックへの反動を十分に溜めこみお尻を突き出し重心を下げ肩を回転させることで開始しています。同時に内側に入っていた左足が左側へ移動をはじめ体重が中央へ移動しています。途中から腰の回転が入ることで、とてもクラブのシャフトにしなりが出来ています。

 

状態を伸ばすことなく低い軌道を通しながらインパクトへ向っています。インパクトでも状態を反り返すことなく左腕を伸ばしてボールを捕らえています。左足の体重が乗っており、肩がアドレスのときのようにボールの方向へ向いています。ボールを捕らえてすぐに手首を返してフォロースルーとなっていますが、両腕がしっかりと延び切っており身体を進行方向へ向け飛んでいくボールを見送っています。

 

フィニッシュでは、クラブは上から下りてきており、縦のラインのインサイドを通ってクラブが振られているのがわかります。そして、両腕を曲げてクラブが進行方向へ戻ってくるほど振り抜いていますが、グリップを担ぎ込むことはなく、頭の後ろでしっかりと固定して止めています。

 

手首も最後までしっかりと固定されており、クラブヘッドを最後まで意識しながらのフィニッシュとなっています。飛んでいくボールに注目して頂きたいのですが、低いところから浮き上がるように飛んで行っています。