森田理香子|ゴルフスイング動画解説

 

 

森田理香子選手のスイングは、細身の体系でありながら、長いクラブシャフトと大きなクラブヘッドの重量を最大限に活かしたバネのあるスイングとなっています。そして森田里香子選手のアドレスは、あまり体制を低くせずに両足の膝もあまり曲げずに、普通に立っているかのように構えています。

 

両腕も自然に力を入れずにクラブを支えているといった姿勢で、重心が高いところにありながらも縦の軸がしっかりとしたアドレスです。少しだけお尻を突き出し、胸を突き出すような姿勢が見られます。両肩の力を平均に、身体の正面を後方へひねるようにテークバックが始まっています。左足の膝が少しだけ曲がり内側に入り、左腕を伸ばしながら、とても高い位置へトップを上げています。

 

テークバックの途中までは、後方への起動でしたが、トップに近づくまえに左肩の回転を抑え左腕を上げることでトップの高さを得ています。腰の回転は、さほどされていなく体重移動も少ないテークバックです。ダウンスイングは、左の肩を落とすところから始まっています。同時にアドレスのときとは全く違い、両足の膝を曲げ、状態を低く落としながらダウンスイングをしています。

 

インパクト前に腰の回転が早い段階で進行方向へ向いており、大きなハンドファーストが出来ています。また、クラブのシャフトも大きくしなっておりタメが発生しています。左足を軸に全身の体重を支えながら、頭だけを残しボールを捕らえています。低くした状態はインパクトのときは高いところへ戻っており、左腕が伸びてクラブと一直線になっています。

 

身体だけを進行方向へ投げ出し頭をしっかりと残した状態で振り上げています。フォロースルーのときは上半身を反り返しながら、残っている頭と左足の軸でバランスを維持しています。多少、外側の起動を通ってきたクラブを投げ出すようにフォロースルーをしています。グリップが上に上がっているときにも、頭が残っており、力強い打球のショットとなっています。

 

上へ伸びあがった全身は、左側へ集中し縦のラインを作り出しています。フィニッシュでは両腕が曲がっていてコンパクトに収められており、強い力でクラブを引き戻しているのがわかります。左足のつま先はティーの方向を向いていますが、左足一本で体重を支えており、上半身の反り返しと頭の位置を動かすことでバランスを取っています。

 

とても力の抜けた状態でフィニッシュを迎えており、進行方向へのスイングでの勢いを殺しながらしっかりと立っています。打球は力強い弾道なのが見えます。