諸見里しのぶ|ゴルフスイング動画解説

 

 

諸見里しのぶ選手のアドレスは、軸を中心よりも右に置き立っています。両足を広く開き左手を絞りながら握るグリップをしています。両足の膝は、それほど曲げていませんが、左右のバランスをとり安定したアドレスと言えます。頭の位置も右側にあり、クラブヘッドが左腕の伸ばした直線の先にあります。

 

そして、左足を後方へ少しだけ引いた状態で開き気味に立っていてボールを横から覗き込むように視線を向けています。テークバックは両肩でクラブヘッドを静かに移動することから開始しています。そして手首をひねりながらクラブを上げていっています。両腕を振り上げると共に身体の正面にも回転を加え、左足の膝を内側へいれ込むことで右側へ体重移動がなされています。

 

腰の位置は変わっていなく、上半身を前方に倒しこむことで重心が低くなっています。頭の位置はアドレスと同じく右側にあります。トップの位置はあまり高い位置ではありませんが、上半身は大きく後方へ回っていることでクラブも大きく後方へ回っています。トップの時にはクラブヘッドが進行方向へ向いていますので十分に振り上げていると言えます。

 

ダウンスイングは、左足の膝を落としながらも進行方向へ移動させ、同時に両肩を下すことから始まっています。トップのときも、重心が安定しており力強いテークバックが出来ています。右側にあった重心は中央に移りながらインパクトまえに状態を高くしてクラブを引きながらインパクトをしています。

 

大きなハンドファーストのあと左足に力を入れボールを打ち出していますが、頭の位置が、さらに後方に移動していることから、上半身を反るとの腰の回転があるため大きなタメが出来ています。アップぎみに打ち上げるインパクトのときには右足の力が抜けており左足に重心がありながらも軸は中心にあるよう維持しています。

 

左腕は絞りながらも右腕の力も加わっているのがわかります。フォロースルーは最後まで頭を残しグリップを返しながら振り上げています。左足に重心を置き両腕の力のみで軽く振り上げているフォロースルーです。クラブをほおり投げるように振り上げたあとは全身を左足に集め縦のラインでフィニッシュしています。

 

フィニッシュでは、身体の正面が進行方向へ向いていて右肩がしっかりと上がっています。そのことにより、両手も後方へ振り切れており、クラブが大きく後方を回りながら前方へ戻ってくるほど楽な状態になっています。左足のつま先が進行方向に向いていますので、バランスを崩さない体制だと言えます。