中嶋常幸|ゴルフスイング動画解説

 

 

中嶋常幸選手のアドレスは、両膝をあまり曲げずに上半身を前かがみに倒し込むことでグリップの位置を下げています。中央に両手を置き左腕を真っすぐ伸ばし、頭も中央に置きながら構えています。また、両腕のわきもしっかりと締められており、両腕を伸ばすのに適している位置にしています。

 

体重移動をすることを重視しているのか、左側に体重がありながらも、右側に軸があるといったアドレスで、左肩から、右肩の斜めのラインが体重移動をスムーズにさせるためのものかのように傾斜になって見えます。グリップは、左手を少しだけ絞り込まれており、左腕の身体の内側へ向いています。右腕な左手にかぶせるように添えており、グリップに対し外側から親指を添えています。

 

テークバックは、右側へ体重移動をすることから開始されています。同時に両腕の力でクラブを振り上げ、後から肩が回り始めています。左足の膝は前方に突き出ていて、重心を少しだけ落としています。トップは、左腕が少し曲がっていて楽な状態になっています。軸は中央よりも、多少右側に置いてある程度で左足の力がバランスを支えています。

 

中嶋常幸選手のトップの形は理想的なスタイルと言えます。ダウンスイングは、十分にトップで力を溜めこみ左肩を落とし込むことから開始しています。すぐに腰の回転か追ってきて、左へ体重移動がされ重心が下がります。左腕をしっかりと伸ばしていますが、グリップを絞り込んで握っているため開き気味にクラブヘッドが流れていきます。

 

インパクト前では、左足を伸ばし、上体を起こすことで状態を上げながらボールを拾っています。理想的なインサイドの起動を通りハンドファーストを作りながらダウンスイングをしています。インパクトのときには、さらに上体を起こし左腕とクラブが一直線になっています。頭の左右の位置はずっと変わらずあり、タメが出来ているのも特徴です。

 

フォロースルーでは、上半身を前方にひねらせ、ティーへかぶるような体制で振り上げています。逆にクラブは、深いインサイドを通っており、力強さが増しています。フィニッシュにかけて、状態を左足へ戻し前方へ状態を集めて腕を楽な状態にして振りぬいています。クラブが背中に回ってくると、クラブヘッドが落ちていることから右肩が、よく上がっているのがわかります。

 

両腕も曲げることによってクラブを頭の後ろへ回し込んでおり、楽な状態になっています。そして、左足の軸にしっかりと力が入っており、地面を離れそうになりながらもバランスを崩さないといったフィニッシュです。