大山志保|ゴルフスイング動画解説

 

 

大山志保選手のスイングは、上下の重心移動をあまりしないで打つショットとなっています。アドレスは、大きく両足を広げ膝を曲げずに構えています。ドライバーショットの場合にはボールが置いてあるティーの位置を左足のかかと前付近に置きますが、大山志保選手は、ほぼ真ん中に置いています。

 

お尻を突き出し、少しだけ前景を取りながらグリップを低い位置に置きアドレスをしています。頭の位置は、ほぼ中央に置いてありますが、少しだけ右肩が下がっている状態で構えています。また、両腕のわきをしっかりと締めて絞り込んでいます。さほど上半身に力みはなく、下半身を安定させたアドレスとなっています。

 

グリップは、ほとんど絞り込んではいなく、ティーは中心にあることから、両手を均等に添えているように見えます。左腕をしっかりと伸ばしグリップからクラブヘッドへと角度を付けています。そして、右手は左手にかぶせるように添えてあり、右手の親指もグリップに対して斜めに置いて支えています。テークバックはクラブヘッドを動かすところから始まっており、両肩を回すことに意識をしているようです。

 

頭の位置は、とてもしっかりと固定されておりトップまで動いていません。左足の膝が、ほんの少しだけ内側に入ってはいるものの、軸は中央にあり、両足に力を入れながらデークバックのバランスを保っています。上半身と肩が、両足の動きのわりには良く回っており大山志保選手の柔軟な身体が見られます。
トップの位置は、高いとは言えませんが、左腕に適度なしなりが出来ており、ダウンスイングへの力を溜めこんでいます。ダウンスイングは、左足を戻すことからスタートされています。早い段階で肩が正面まで回っており、腰のひねりを加えながら右足で蹴りつけるように重心を下げインパクトへと向かっています。

 

インパクト前には、左足に重心が集まっており、下を潜り抜けてきた重心を左足を伸ばすことで上げクラブとボールを合わせています。小さなハンドファーストが出来ており、頭を残しながらボールを捕らえています。フォロースルーは、クラブを投げ出すように大きな外側を通り振り上げています。

 

頭を最後まで残したまま左足へ体重が集まり縦の軸を作りバランスを取ってフィニッシュとなっています。クラブは上から下りてくるように背中へ回り込み、アップ気味にフォロースルーをしているのがわかります。一度振り抜いたクラブは、肩の回転を戻すように前方へ戻ってきており、楽な状態で左足を軸にフィニッシュとなっています。全身が進行方向へ向いて終えているフィニッシュです。