大城さつき|ゴルフスイング動画解説

 

 

ドライバーが得意クラブと言う大城さつき選手は、小柄の体系ではりますがダイナミックなスイングにて力強い打球をショットを放つスイングとなっています。アドレスは、両足の膝を曲げ、お尻を突き出すことで重心を低くして、とても安定のあるアドレスとなっています。そして両腕を楽な状態で降ろし、クラブを支えています。

 

頭の位置は、ボールに向けられている視線から、少しだけ右側にありますので、右肩が下がり軸が中央よりも右側にあるように見えます。また、両腕のわきをしっかりと絞っており、左腕を伸ばすことに意識したアドレスです。グリップは、左手のみを少しだけ絞り込むように握り、右手は開き気味に軽く握っています。

 

クラブの根元が残っているように、ドライバーですが、クラブを短く持っているのがわかります。そして両肩の力を均等に回転させながらクラブヘッドを移動させることからテークバックを始めていますが、左腕をしっかりと伸ばし、手首を固定してクラブフェイスを曲げないよう大事に振り上げています。理想的なインの起動をクラブが上がって行きますが、同時に左足が内側へ入り、軸が右側へ移動しています。

 

また、腰の回転は押さえながら、肩を回してトップと達しています。トップの高さは、左腕を伸ばす限界のところで止まっており、ハンドファーストを作りながらダウンスイングとなります。左肩を降ろすようにダウンスイングが始まっていますが、同時に腰に回転を加え右足を進行方向へ移動し重心を左へ移動しています。

 

ダウンスイング後半で腰は回り切っており、ヘッドスピードによってクラブのシャフトがしなりタメが出来ています。インパクト前で、状態を反り返し重心を上げながらインパクトをしています。大城さつき選手のように、お腹を前に向け身体を反り返しながらインパクトをする選手は、アップ気味のショットとなります。

 

左手の手首がアドレスのときのままボールを拾い上げていますので、しっかりとクラブフェイスの中央で捕らえているのがわかります。フォロースリングは、両腕が伸びきり、大きな外側を通りながら振りぬいています。進行方向へ体重を集め左足を柱にしてバランスを保ちフィニッシュとなっていますが、最後はクラブのヘッドが戻ってきているほど柔らかく力強いフォロースルーとなっています。

 

そして、右肩もよ回っており、両腕を曲げることで楽な状態となり、クラブが下がっていることから、手首の力も、ほどよく抜かれていて、全身を使ったフォロースルーとなっており、下半身を安定させたフィニッシュとなっています。