尾崎将司|ゴルフスイング動画解説

 

 

尾崎将司選手のスイングは、とてもパワフルなものの、コンパクトにまとまったものとなっています。この動画は、現役のころのものではありませんが、今でも現役のプロゴルファーとして通用しそうなスイングをしています。アドレスは両足の膝を少しだけ曲げ、お尻を突き出すことで重心を低くしています。

 

また、上半身を前傾姿勢にしており、両手の位置が低いところにあるのがわかります。肩からグリップ、ブリップからクラブヘッドの角度がついていて力を抜いた楽な姿勢で肩に力が入っていないのがわかります。左腕を伸ばすというのはスイングの基本ですが、尾崎将司選手のテークバックは、あまり伸ばすことに意識が行っていなく、低いグリップ位置を保ちながらクラブヘッドを起こすことから始まっています。

 

テークバック開始と同時に右足の膝が移動し体重移動をしていますが、身体の正面は残したまま手首を返しながらクラブを振り上げていきます。トップに近づくにつれて左足の膝が前方へ出ているのがわかると思います。トップに行きつくときには右側へ体重移動をしつつ状態を低くしています。テークバックのときには、あまり意識していなかなった左腕がトップのときには、しっかりと延びておりしなりが出来ています。

 

ダウンスイングは左足を伸ばし上半身を落としながら開始しています。右側にあった重心が左側へ移動しクラブヘッドが落ちてきていますが、インパクトの手前で上体を起こしボールを捕らえています。左足に軸が出来ておりクラブのシャフトに大きなしなりが出来ているのがわかります。適度なハンドファーストも出来ており腰の回転は少ないものの肩の力を加えヘッドスピードが上がっています。

 

フォロースルーは、とても軽く振りぬいておりボールの進行方向へクラブを投げ出すようにフォロースルーをしています。フィニッシュ前では全身で縦のラインを作っておりバランスを崩すことなく終えています。両手のグリップが身体からあまり遠くないところを維持しながらショットしているスイングです。

 

そして左足のつま先がティーの方向を向いていますが、状態を崩すことなく楽な姿勢でフィニッシュとなっています。両腕は曲がっており、クラブを担ぎ込むようにしていますが、上半身の反り返しを持ちながら安定した姿勢を保っています。

 

飛んでいった弾道からも、まだまだ正確で綺麗な球質のショットを打ち出しており、ヘッドスピードが遅くなったゴルファーでもドライバーの性能を活かすことで望んでいるショットが出来るのだと教えてくれます。