尾崎健夫|ゴルフスイング動画解説

 

 

尾崎建夫選手のスイングは、ジェットの愛称とおりダイナミックなものですが、綺麗にまとめているスイングです。アドレスは、両足を開き、両足の膝を少しだけ曲げ構えています。そして右肩が少しだけ下がっていて、両足のつま先が八の時に開いていますのでバランスの良いアドレスです。上半身をボール側へ倒し込みグリップを低い位置に置いています。

 

このことで、左腕とグリップ、グリップからクラブヘッドへと角度が出来ていて、腕とクラブが直線にはなっていません。頭は中央よりも、やや右側に置いてあり、ボールを右斜め上から見るような視線となっています。グリップは、あまり絞り込まずに軽く握っています。右腕は伸びているものの、左腕は少し曲がっているように見えます。

 

テークバックは、腰から上を右側へ体重移動して始まっています。右足で重心を支えながら、手首を返しクラブを振り上げていきます。左足を中心に入れ込みながら、腰を回し上半身を後方へひねりこんでいます。肩は、それほど回っていなく小さな起動のテークバックだと言えます。トップのときに注目なのですが、グリップ位置は尾崎建夫選手の後頭部の近くにあり、両腕が曲がっています。

 

グリップが、あまり身体がら離れることなくトップとなっているのです。クラブヘッドも高い位置にあり後方まで行ってはいるものの、大きなテークバックとは言えません。腰を落とし、左足をボールの飛んでいく方向へ戻すことからダウンスイングが始まっています。トップのときには中央より若干右側に軸がありましたが、ダウンスイングの始めのことから重心を落とすことで軸が中央にあります。

 

インパクトまでは大きな外側の記号を通りクラブを振りおろしています。腰の回転を加え大きなタメが出来ているのがわかります。ハンドファーストもしっかりと出来ており、インパクト手前で左腕がしっかりと延びています。左足で体重移動を支えながら、お腹を突き出すようにボールを拾い上げています。

 

フォロースルーは、腕の力は必要としていなく、手首を返しながらクラブを振り上げています。中心にあった軸は、左足に集められ左の壁で縦のラインを作って終わっています。フィニッシュでは、クラブを背中へ回し込むことがなく、両腕が上がり切ったところで止めています。そのため、後方へ身体を反らしたり、肩を回すことがなく最後までボールの飛んでいく方向へクラブをほおり出すような状態を維持しています。

 

左足のつま先がティーの方向へ向いたままの姿勢ですが、身体のひねりなどがないためバランスを保てるフィニッシュとなっています。