リッキー・ファウラー|ゴルフスイング動画解説

 

 

リッキー・ファウラー選手のショットは、外国のプロゴルフ選手では、よく見られる、とても特徴のあるスイングとなっています。アドレスは、両足の膝を肩幅よりも少し広く開き、両膝を曲げて重心を低くしています。そして、お尻を大きく突き出し上半身を前方へ織り込ませてグリップを低い位置に置いています。

 

また両足のつま先を開いており、がに股のようにしてバランスを維持しています。頭の位置は、中心よりも少しだけ右側に位置しており、ボールに対して、斜め上から視線を充てています。両腕のわきは、あまり閉めることに意識がされていなく、上半身が、とても楽な状態となっているアドレスです。グリップは、両手とも軽く絞っており、右手に関しては左手にかぶせるように添えています。

 

軸を中心に置き左肩を回転させることでテークバックをはじめています。同時に左足が前方へ突き出ています。低いインの起動を通りながらトップへ向っていますが、後方へテークバックのため回していた腰をトップに達するまえに戻そうという力が働いており、ダウンスイングへの反動を助けています。

 

トップの位置は、重心が引くいことと、後方へ振りかぶっているため、身体から離れたところにあります。手首はしっかりと固定され、左腕がしっかりと延びており、ダウンスイングを早めに戻した身体の回転を利用してスタートさせています。トップのときは左腕が伸びていましたが、インパクトへ向うダウンスイングはグリップが身体から近いところを通りながら振りおろしています。

 

また、同時に左足へ体重移動がなされており、全身を上部へ突き上げるようにボールとの間合いを取っています。インパクト前では、とても低い軌道をクラブヘッドがボールへ向っており、軸を中心より、やや左側に置き身体の正面でボールを拾っています。インパクト直後には、両足がしっかりと延びており、一見バランスが取りにくいスイングに見えます。

 

ボールを捕らえたあとも、最後まで頭を残したまま腕の力のみでフォロースルーとなっていますが、頭と全身を残しながらフォロースルーとなっているため、縦の起動をクラブが上がっていっています。フィニッシュ前では、左足へ軸を作り、縦のラインの姿勢で全身を集めることでバランスが良くなっています。

 

上から降りてくるクラブをかつぎこむような形でフィニッシュとなっています。右肩が上がることで、重心を上へ伸ばしており、手首はしっかりと固定したまま、腰の回転も加えてクラブを最後まで振り切っているのがわかります。バランスを崩してしまいそうな状態ですが、下半身の力が安定しており、綺麗に終えているスイングです。