笠りつ子|ゴルフスイング動画解説

 

 

笠りつ子選手のスイングは、ジャンプをしているかのように上下の運動を利用したショットとなっています。アドレスは、両足の膝を少しだけ曲げ、お尻を突き出しながらボールとの距離を作っています。そして頭と両手を中央に置き、ボールに真っすぐな視線を当てながら構えているアドレスです。

 

両肩も位置も並行となっていますので、軸が中央にあるのがわかります。また、両足のつま先が左右に開いていますので、バランスが良い安定感のあるアドレスとも言えます。グリップは、さほど絞り込むことはなく、両腕が軽く曲がっており、力が抜けてリラックスした状態で構えています。クラブヘッドを意識しながら、両腕の力でテークバックを開始しています。

 

視線をボールへ残しながら、クラブを後方へ出してから振り上げています。同時に左足の膝が身体の中心に寄っていますが、さほど織り込ませるような移動はしていなく軸が中心に近い右側で維持しています。腰や上半身のひねりは少ないものの、肩をしっかりと回して左腕が伸びています。トップの位置が上へと高くグリップは固定されているトップです。

 

ダウンスイングは、肩を戻すことからスタートされています。同時に伸びていた両足の膝を曲げ状態を低くしています。また、腰のひねりを加えヘッドスピードを加速しているのがわかります。左腕は随時伸びた状態であり、左腕とクラブが一体化し、しなりが出来ています。頭を固定し右足の膝を中央へ入れながらタメを作りインパクトとなっています。

 

インパクトのときは、腰が先に進行方向を向いており右足のかかとを上げることで飛び跳ねるように上体を起こして重心を高くしています。そのことで左腕とクラブヘッドが直線上となりボールを拾い出しています。また、上半身を反り返すことでバランスをとっています。フォロースルーは、クラブを投げ出し、ボールを押し出すようにしています。

 

ボールをショットしたクラブは、さらに身体の上体を起こすことで引き戻すように振りぬいています。左足を軸に、反り返していた上半身を戻しフィニッシュへとなりますが、クラブが戻ってきているほどしっかりと振りぬいているのがわかります。両肩もしっかりと回っており、軸のバランスを保つ原動力となっています。

 

そして、お腹が進行方向へ向いており壁が出来ていますが、右足のつま先が少しだけお腹と同じ方向へ向くことでバランスが取りやすくもなっています。右足もフィニッシュを支えるように添えられており、後方への反り返しが無理のない形で出来ています。