佐伯三貴|ゴルフスイング動画解説

 

 

佐伯三貴のスイングは、インサイドインの円が、とても綺麗になっています。そのことから的確にボールを捕らえているのがわかります。アドレスは、少しだけ左足を引いて身体の正面を開いて、両足を広く広げて構えています。多少、両足の膝を曲げていますが、それほど極端に曲げることなく安定した重心を維持しているアドレスです。

 

また、頭の位置も中央に置いており、グリップの位置が少しだけ左にありますが、両足と両肩が均等に並んでいるバランスのよいアドレスです。グリップは絞り込むのと逆で開いているかのように見えます。右手もしっかりとクラブを支えており、両手の親指でしっかりとした固定がされています。

 

アドレスのときにクラブフェイスが少しだけ開いているのがわかると思います。重心は、ほぼ中心にあり安定したアドレスです。両手でクラブヘッドを横に移動するようにテークバックが開始されています。多少、左足の膝が曲がりボールの方へ曲がっていますが、それほど体重移動はされていなく、重心がトップに行くにつれ高い位置に移動しています。

 

また、右腰を後方へ回しているのと同時に左肩を上げテークバックをしています。トップの位置は、肩の高さよりも少しだけ高い位で押さえており、左腕が真っすぐに伸びています。そして両足の膝を曲げ、重心を落とすことからダウンスイングとなっています。トップのときにあった右側の重心が、中央に集まり軸が出来ています。

 

そしてインパクト前に右足の膝が内側へ入り、重心を中央に持ちながら振り落とすかのようにクラブヘッドがインパクトへと進んでいます。身体の正面がボールの飛んでいく方向へ先に向き、上半身を後方へ反り返すことでバランスをとりボールを拾いだしています。アドレスのときに開いていたクラブヘッドは真正面になっており、確実にボールを真に当てているインパクトです。

 

適度なハンドファーストも出来ていますが、ヘッドスピードもあるためインパクトまえからシャフトがしなりタメが出来ています。フォロースルーは、インパクトまでの状態を保ちながら両腕の力だけで振り上げています。押し出すというよりも、振り上げるといったフォロースルーでアップぎみなショットと言えます。

 

フィニッシュでは、身体全体にひねりを入れてクラブが進行方向へ戻ってくるほど大きく振り抜いています。両腕を曲げることでクラブの位置も前方へ来ており、全身が回り込んでいるものの、とても楽な姿勢で力が抜けているのがわかります。左足で体重を支えていますが、上半身の反り返しがあるため、それほど左足への力が必要ないフィニッシュです。