セベ・バレステロス|ゴルフスイング動画解説

 

 

セベ・バレステロスのスイングは、高身長であるデメリットを克服したものとなっています。アドレスは、両足を少しだけ広げ前かがみになり、ボールにクラブヘッドを合わせています。グリップは左手の甲がボールの進行方向へ向いていて、あまり絞り込むような握り方ではありません。

 

テークバックは、右側へ体重移動と同時に開始しています。腰を少しだけ横へ移動させながら左足の膝を内側へ入れるようにしています。頭は残しながら右腰を引き、両肩を後ろに回すことでトップへと向かっています。トップに行きつくまでには、内側に入っていた左足の膝を少し伸ばすことで状態を上げています。

 

トップの位置は、さほど高い位置ではなく浅いテークバックとなっています。手首もしっかりと固定されておりクラブヘッドも高いところを維持しています。重心は右へ移動していますが、腰を回転させることでダウンスイングとなっています。同時に右足に力を入れ、左足を押し出すように強く振り下ろしています。

 

早い段階で下半身が進行方向へ開いており、遅れてクラブヘッドが降りてきていることでタメが出来ています。インパクトのときには、先に腰がボールの進行方向へ投げ出されており、自然な流れでクラブヘッドがボールを捕らえています。身長が高いセベ・バレステロスは、アドレスとインパクトのときに前傾姿勢を取ることでクラブヘッドを低くしており、テークバックのときに外側へ大きく振りだすようにスイングしています。

 

インパクトのあとのフォロースルーも、頭は残しつつ、今度は身体をそり返すことで重心を保てるようバランスをとっています。クラブを投げ出すように進行方向へクラブヘッドを持っていっています。これも低い位置からボールを捕らえていることからなる現象です。フィニッシュまえには、状態を戻すことで縦のラインを作りクラブを引き戻すことで振り上げています。

 

フィニッシュでは、とても立っていられないほどのひねりが身体に出来ており、両足がしっかりと地面についていない状態でもバランスを崩さないといったバランス感覚を見せてくれています。両足にもしなりができており、クラブを後方へ振り上げる手助けをしてくれていますが、上半身を伸ばすことでバランスを取るといったフィニッシュで、左足にしっかりと体重を乗せて仕上げるゴルファーが多いなか、腰と上半身を左右別けることでバランスを取るといったフィニッシュです。

 

両腕の力は楽な状態になっており、大きな円を描くスイングになっていますので、長身を活かしたスイングになっています。