杉原輝雄|ゴルフスイング動画解説

 

 

杉原輝雄のスイングは綺麗な打球を打ち出しているスイングで神秘的なものさえ感じさせます。アドレスは、あまり両足を広く開いていなく、両足の膝を少しだけ曲げることで重心を落としています。クラブヘッドをボールへ合せながら右肩を落とし、少しだけ軸が右側にあるのがわかります。

 

頭も少しだけ中央より右側に置いてあり、ボールを横から覗き込むような視線を維持して構えています。また、両足のつま先が少しだけ左右に開いているので、がに股のようになっており、安定したアドレスとなっています。グリップは、とても軽く握られており腕も曲がっていなく力が入っていないアドレスに仕上がっています。

 

テークバックは、両肩を右側へ移動することで開始していますが、低い位置をクラブヘッドが移動し上半身のひねりと、左足の膝を内側に入れることでトップへと振り上げています。頭を残しながら右足へ体重を移動し手首を返しながらトップへと上がっていますが、左腕が正面のところで止まっているほど浅い振り上げでトップも低い位置で終わっています。

 

左肩も回り切っていりとは言えずティーの位置ほどで終えているのがわかります。ダウンスイングは、トップで一呼吸を置き、両足の膝を曲げ重心を低くしながら開始しています。左腕を曲げないというのはスイングの基本ですが、杉原輝雄選手の場合、あまり伸ばすことに意識はしていなく曲がっているように見えます。

 

ですが、ダウンスイングのときに左側へ体重移動をして振りおろしているので自然と遠心力で左腕が伸びてクラブが降りてきています。両足でしっかりと重心を保ち身体の正面でインパクトとなっています。インパクトと同時に、左足をしっかり伸ばし、状態を上げています。また、上半身をそりかえしながら頭の位置を維持しバランスが取れています。

 

クラブのシャフトにはしっかりとしなりが出来ており、高齢とは思えないバネのあるショットです。フォロースルーでは、左足に体重と全身を集め縦のラインで終えています。低い位置の起動を通ったクラブは、自然な流れで担ぎ込まれるように背中へ回ってフィニッシュとなっています。そしてフィニッシュでは、前後、左右の身体の動きが少なく、左足を柱として普通に立っているかのように楽な姿勢となっています。

 

両腕も、伸ばすことに意識をしていなく、クラブを振り上げた力でのみ、後方へ担ぎ込むように自然な持ち方です。そのわりに、両手にはしっかりと力が入っており、クラブヘッドの重みを感じながらフィニッシュとなっています。