すし石垣|ゴルフスイング動画解説

 

 

すし石垣選手のスイングは、無理のない素直なものとなっています。グリップはオーバーラッピンググリップになっており、右手を少しだけ開いて添えています。アドレスは少しだけ身体を開いて構えており、お尻を突き出し前傾姿勢にすることでボールとの距離を調節しています。また、両手を低い位置に置き、クラブを楽な状態で持っていて、両腕にも、それほど力は入っていません。

 

両足は、それほど曲げていなく、あまり低い重心ではありません。両腕を静かに上げていくことでテークバックとなります。同時に頭を中央へ残しながら左足が内側に折れ込んでおり体重移動がなされ中心よりも右側へ移っています。左腕は伸ばしたまま、低いところをクラブヘッドが通りトップへと向かいます。

 

縦の浅いインサイドを上げてテークバックをしていますが、手首がしっかりと固定されており、左腕にしっかりと力が入っています。トップのグリップの位置が低いところにあるのがわかります。すし石垣選手の肩の位置程度で押さえ、上に振り上げているというよりも後方へ降り出しているといったテークバックになっています。

 

そのときにもしっかりと左腕に力が入っており、真っすぐに伸びている状態を維持しています。右腕のわきは、あまり開かずにコンパクトにまとめたトップです。そして大きく体重移動が成されていますが、頭の位置は中央から外れていなく、重心を維持しています。腰を落とし左側へ移動させるところからダウンスイングになっていますが、肩も同時に回転は初めており、身体全体でインパクトへと向かっています。

 

クラブシャフトには、程よいしなりが出来ており、ハンドファーストを維持しながらクラブが降りていっています。左腕をしっかりと伸ばしたまま下半身に負荷があまり感じられないインパクトです。上半身の回転でダウンスイングになっているため軸が左側よりも中心に近いのがわかります。頭の上下の動きはほとんどなく、確実にボールをクラブヘッドの真で捕らえています。

 

適度なしなりがクラブのシャフトに出来ているのもわかります。フォロースルーでは、腰を進行方向へ突き出すように行っています。テークバックのときよりは浅いインの起動をクラブが通り、両肩が楽な感じで振りぬいています。インパクトと同時に動いている頭が少しだけ上がっていることから状態を起き上がらせてフィニッシュです。

 

フィニッシュでは、身体の正面を進行方向へ向け、腕を曲げることでクラブを担ぎ込むようにして楽な状態で終えています。バランスもよく取られていて安定した姿勢で終えています。