鈴木亨|ゴルフスイング動画解説

 

 

日本のゴルフ業界で一番綺麗なスイングのアドレスは、両足を肩幅程度に開き、お尻を突き出すことで上半身を倒し込みバランスの良いアドレスを取っています。グリップの位置が、左側に置いてあり左腕とクラブが一直線になっています。そして両足のつま先が、真っすぐではなく、少しだけ開いているのがわかります。

 

少しだけ開くことでバランスを安定したものとしているといった構え方です。頭の位置は、中央よりも少しだけ右側に置いてあり、ボールを斜め上から見るといった視線になっています。両腕のわきがしっかりと締められていることで、右腕と左腕のヒジが、とても近いところにあるのがわかります。グリップは、左手を絞り込み、右手は横から添える程度で置いています。左腕もしっかりと絞り込んでおり、力が入っているのがわかります。

 

テークバックは、一瞬、クラブヘッドを左に振り、手首を返すことでクラブヘッドを移動させはじめています。左足の膝を前方に突き出し、重心を右に移しながら左腕をしっかり伸ばしトップへと上げています。後方のインサイドを通しながらトップへと行きますが、トップのときにもしっかりと左腕が伸びており肩も十分に回っています。

 

少しだけ突き出ていた左足が内側に入り込み、状態が上がりながらも軸を中心に維持してトップとなっています。ダウンスイングは、テークバックへの力の反動を利用し重心を落としながらはじめています。左足を落とし込むことで重心が下がり、自然と肩が回りはじめ左へ軸を移動させながらクラブを振りおろしています。

 

真横からボールを狙うようにクラブが引くい軌道のインサイドを戻っており、上半身を反り返しながらも下半身を進行方向へ振りバランスを取っています。ハンドファーストを維持しながらインパクトとなりますが、ボールと捕らえてときには、反り返した上半身とクラブが斜めの線でつながっており、振り下ろしてきた遠心力を最大限に活かしたインパクトとなっています。

 

フォロースルーでは、手首を返しながら、引くい軌道のインサイドを通し、途中で上体を起こすことでクラブを引き戻しています。ラストは左足に軸を作り縦のラインの姿勢でバランスを保ちフィニッシュです。クラブは、あまり前に戻ることがなく少しだけクラブヘッドが進行方向へ出てきていますが、頭の後ろで止めており、両腕を身体から離れたところを維持しながら最後まで力強いスイングをしています。

 

ですが、決してバランスを崩すことがなく、身体を伸ばすことで安定したフィニッシュとしています。