竹村真琴|ゴルフスイング動画解説

 

 

竹村真琴選手のスイングは、基本が守られたものとなっています。アドレスは、両足を広く広げ左腕をしっかりと伸ばした姿勢で立っています。そしてグリップでは左手の甲が、はっきりと見えるほど強く握っているのに対して、右手は添えるだけといったグリップになっています。広いスタンスの左足のかかとと、並行な位置にボールを置いてあり、基本中の基本と言えるアドレスです。

 

両肩でクラブヘッドを意識しながら始まるテークバックでは、真っすぐに伸ばした左腕を維持しながら、途中までは中心にあった軸を残すように振り上げます。そして下半身は正面を向いたまま左腕を伸ばし、腰から上の上半身のみでトップへと行きますが、左足が多少内側へ入ることで軸が中心よりも、やや右へと動いています。

 

頭の位置と視線はアドレスのときと変わらず、トップで一呼吸置き、ダウンスイングへ行きます。ダウンスイングは腰を落とすような姿勢からスタートしています。両足の膝も曲げることで状態が低くなっていますが、同時に上半身だけで振り上げていたクラブを戻し、スイングを加速させています。そしてダウンスイングの中間で、大きく右足の膝が中心へと入り込み、重心が左へ流れようとします。

 

このとき、真っすぐだった左腕にしなりが出ていることでタメが生まれています。とても低い腰の位置を保ちつつインパクトとなります。このことからクラブヘッドも、大きく後方を回りながら低い位置でボールへ向っているのがわかります。頭は中心に置きながら、右足を蹴るようにボールを強く捕らえています。

 

左に壁をつくる方もいますが、竹村真琴選手の場合、左足で強く抑えてインパクトをしています。

 

また、右肩がとても内側を通り下がっていて、進行方向へ向おうとしています。最後まで残していた頭と左足はインパクトののち、解放されますが、フォロースルーでは、低い位置をクラブが通って、インへと流れていっています。手首を返すような姿勢にもなっていますが、低い位置からのインパクトのため、アウトサイドインと似たようなフォロースルーになっています。

 

フィニッシュでは、左足へ体重を乗せながら、両腕が、とても楽な状態になっており、一度進行方向へ振り抜かれたクラブが、後方へ戻ってきているほど自然な流れを作り出しています。上半身のひねりも、それほどなく両腕の勢いでフィニッシュへと向かっているように見えます。身体の正面が進行方向をしっかりと向いており、バランスを取るのが難しいと言えるフィニッシュが、楽な状態となっていて左足への重心も軽く見えます。