田中秀道|ゴルフスイング動画解説

 

 

この動画は、ティーショットですが、ドライバーではなくフェアウェイウッドを持っているスイングです。アドレスは、あまり両足を開かずに膝も曲げないで上半身を倒し込むことでグリップの位置を低いところへ置いています。両腕は、とても楽な状態で維持しており、頭も中心に置いておます。両腕のヒジは絞られておりグリップへと、しっかり固定しています。

 

ドライバーではないといったこともあり、ほぼ中心に軸を持っているアドレスです。グリップは、左手のみを少しだけ内側へ絞り込み、右手は開き気味に添えて親指を横からグリップに当てて押さえています。テークバックは、両手を返しながら始まっています。両肩の力が均等に伝わり左腕を伸ばしながらクラブを振り上げています。

 

ほぼ中央にあった軸は左足を中心に寄せることで右側へ移動しています。理想的なインサイドの起動を通しクラブが上がっていきます。トップまえには、脇が開き上半身を倒し込みながらバランスを取りダウンスイングへの力を溜めこんでいます。トップでは、状態を伸ばしていることで中央よりも若干重心が左にあります。

 

そして左腕に理想的なしなりが出来ています。ダウンスイングは、腰を戻すことから始まっています。同時に両膝を曲げることで重心を落としながらクラブを振りおろしており、ヘッドスピードを上げています。ダウンスイング後半で腰を進行方向側へ突き出し、頭を残しながら右足を中央へ寄せハンドファーストの状態でインパクトへと向かいます。

 

左足を柱にして、状態を下からくぐらせるようにボールを捕らえてインパクトです。左腕はしっかりと延びており、両足の開き幅が狭いことでバランスの良いインパクトとなっています。フォロースルーでは、頭を最後まで残しながら、上半身の状態をさらに倒し込み手首を返しながらクラブを振り上げています。

 

縦の浅いインサイドの起動をクラブを持ちあげ振り上げています。フィニッシュでは、グリップを引き寄せながらクラブをかつぎ込み終えています。両腕は適度に曲がっており、力を抜いて楽な状態になっています。ですが手首はしっかりと固定されていますので、クラブが背中に斜めの状態となっています。

 

肩の回転は、さほど大きく回していることがなく、前方へほおり投げるといったスイングのため前進へと放たれるような姿勢になっています。また、左足と右足の間隔も近いところにあり、バランスを崩さないといったフィニッシュです。飛んでいった打球を見るとフック気味な弾道だと思われます。