谷口徹|ゴルフスイング動画解説

 

 

常に賞金獲得順位の上位に居る谷口徹選手は、無駄のない全身を使ったスイングをしています。アドレスは、両足の膝を曲げて重心を低く持っています。そして、左腕を伸ばし中央よりも左側へグリップを置いています。左腕は真っすぐ伸びていますが、わきが開いており、右腕はわきが閉まっているといった構え方です。

 

視線は、右肩を落としながら横からボールを覗き込むように向け頭の位置は中央より右側に置いています。お尻を突き出し、前傾姿勢にしているので、若干、グリップの位置が下にありあす。テークバックのときの体重移動が出来やすいアドレスです。グリップは、左手を強く絞り込んでおり、左肩から腕を通してクラブまで一直線になっているのがわかります。

 

右手は、グリップを下から支えているように添えています。テークバックは、クラブヘッドを一瞬右に振り手首を返しながらスタートさせています。頭の位置は動かさないように、左足の膝を織り込み、左腕の力を優先にテークバックをしています。トップまでには、肩が前方まで回っていますが、左腕のしなりが出来ているところでトップを決めています。

 

そして、トップのときには、右足に軸が寄っており、体重を支えバランスを保っています。ダウンスイングは、左肩を戻し同時に左足を戻すことではじめています。ダウンスイング開始時には、クラブを落とし込むような軌道を通っており、腰を引くことでボールとの間合いを自然に取っています。

 

両足の膝が均等に曲がり、重心が下がりますが、インパクトの前に腰を突き上げハンドファーストを作りながらインパクトへ向っていきます。左腕とクラブが一本の線になり、適度なしなりを作りながらボールを捕らえフォロースルーとなっています。フォロースルーのはじめでは、左足で壁を作り、状態を反らすことで、低い軌道をクラブヘッドが押し出されています。

 

頭を残しつつ、身体の正面を進行方向へ振り両腕をしっかりと伸ばしたまま振り上げているのがわかります。そして、後方へ反らしていた上半身を戻さずに斜めのラインでクラブを大きく後ろへ回しています。最後まで腕が伸びている大きなフォロースルーとなっています。フィニッシュでは、左足のつま先が進行方向へ開いていてバランスが取りやすくなっています。

 

クラブは、クラブヘッドが前方へ戻ってくるほど振り抜かれており、担ぎ込むような状態となっています。手首はしっかりと固定されていて、両腕を曲げることで、グリップを身体に寄せながら後方への重心を右足で支えてバランスをとっているフィニッシュです。