タイガー・ウッズ|ゴルフスイング動画解説

 

 

タイガー・ウッズ選手は、185センチといった体系を活かし力強いショットを打ち出します。アドレスは、背が高いこともあり、前傾姿勢で両足の幅も少なくたっています。そしてグリップは左手の甲が前進方向を向いています。両手で握っているグリップは、やや中心に位置していますが、クラブヘッドは左かかとと並行に置かれているボールによっているのでグリップを接点とし、くの字になっています。

 

ですがアドレスのときの手首を楽にすることでクラブをぶら下げているようにも見えます。

 

腰と肩の体重を微妙に左に移してからテークバックへと流れていきます。そのとき左足の膝が曲がり、上半身が大きくかぶさるようになります。また、クラブだけではなくグリップと両手も大きくインサイドを通って振り上げています。テークバックと共に曲げた左足はトップに近づくほどに大きく曲がり重心が低くなっています。

 

そして右に重心を移すというよりも右足を踏ん張ることで、低くなった重心を保っているようにも感じます。トップの位置は、さほど高い位置にありません。ですが、左手の甲の流れ方がタイガー・ウッズのスイングの特徴で、トップへ達したときに左手の甲が真上を向いています。そこから左手の甲でボールを打ちにいくようにダウンスイングとなります。

 

ダウンスイング開始時には、重心をさらに低くしますが、インパクトへ近づくごとに、状態を上げていっているスイングです。左足へ、いっぺんに重心を移動させ、頭の位置が変えずに、お腹を進行方向へ向かわせます。インパクトのときにはヘッドスピードが、とても速いため大きなタメが出来ています。多少、身体が開いていますが頭の位置は残したまま、手首と腰の回転でボールを捕らえています。

 

中心より少しだけ左にあった軸はインパクトののち、左側へ全て移動します。そして腰を突き上げるかのようにフォロースルーとなりますが、アドレスからテークバックののち、フォロースルーまでの時間が、とても短いのがタイガー・ウッズ選手の特徴です。そのことから、外へほうり出される振り子を引き戻すように状態を反り返しますが、上へと延びる力の方が強く、タイガー・ウッズ選手のスイングは、浅いインサイドインです。

 

フィニッシュではバランスを保てる無理のない姿勢で終えています。大きな体格から強く打ち出すスイングですが、フィニッシュのときの体制は、とても楽な状態になっており、力が抜けて自然に立っているかのように状態を維持しています。クラブも、さほど前方へ戻ってくることがなく、真横で終えていますので、力が抜けたフィニッシュです。