上田桃子|ゴルフスイング動画解説

 

 

上田桃子選手のアドレスは両足を多少曲げて、お尻を後ろへ突き出すことで重心を低く保つアドレスです。そして左腕とクラブのヘッドの間にあるグリップが少しだけ曲がっていることで、くの字を作っています。これは、グリップの左手の甲がボールの進行方向へ向いていることから作られます。手首を軸にしてクラブは前後へ振り子のように自由になる握り方です。頭は中心にあり、全体の軸は中心にあります。

 

クラブのヘッドが先行してテークバックへとなりますが、途中からは両肩でクラブを振り上げるようにトップへと向かっています。そして大きくインの起動をクラブが通っています。トップの位置は比較的浅い位置ですが、大きくインの起動を通ってテークバックをしているため、トップの位置も上というより後ろにあります。

 

中心にあった軸はあまり移動せず、右側に体重移動を少しだけしてはいますが、左足の膝を前方へ曲げることで右側への重心移動を減らしています。そして上半身だけでクラブを振り上げています。左肩をボール進行方向へ戻すように回しダウンスイングとなります。そのとき左腕が大きく下がっています。

 

少しだけ右側にあった重心は多少、左に移動しますが、ほぼ中心に重心をもっています。重心移動を抑えているかのように左足で押さえています。インパクトのときは、最初に低くしていた重心をいっきに高い位置へ上げます。そして左足を支えにして両肩でボールを捕らえています。テークバックのときにも重心は低い位置にありましたのでクラブヘッドは遠くを周り、低いところを通りボールへと向かいます。

 

ですが、インパクトのときに状態を上へ上げることと、ハンドファーストでタメができ、強いインパクトとなっています。

 

右手を返すようなフォロースルーとなりますが、左足の力はインパクトと同時に解放されており、両手の振り子の力だけでフォロースイングとなっています。テークバックに比べ浅い起動のインとなっているのもわかります。最後まで頭が残っており、ヘッドのフェイスが安定してボールを捕らえています。そしてフォロースイング後半に向けて大きなスイングとなっています。

 

フィニッシュでは、スイング全身の力強さがウソのように楽な状態になっています。左足に体重を集めバランスの良い縦ラインが出来ており、左手が後方側へしっかりと回っているほど振り抜いているスイングです。クラブも、進行方向へ戻ってくるほど振り抜かれており、両腕が身体に寄せられた状態で終えています。