上原彩子|ゴルフスイング動画解説

 

 

上原彩子選手のスイングは、まさに理想のスイングと言え、正確なショットを打ち出すてめの基本が、しっかりと出来ているスイングです。アドレスは両足を肩幅よりも少しだけ広げ、両足の膝もさほど曲げていません。上半身も前側に倒すことなくクラブを出来るだけ長く持っています。

 

グリップは左手のみを腕から絞り込み、左手の親指がクラブのグリップに直線ではなく右側へ入り込んでいるのがわかります。ボールと進行方向へ平行に立っていて力を抜いた楽な姿勢でアドレスを取っています。テークバックは、両腕でクラブヘッドを移動させるところから開始していますが、左腕を伸ばすことを意識しながら、絞っていた左手のグリップを返すようにクラブを振り上げます。

 

トップに近づくまえに左足の膝が曲がり重心が低くなっているのがわかります。中心にあった軸は、あまり右側へ移動せずに縦の移動のみでトップとなっています。腰の回転も多少ありますが、右足に力が入っていてテークバックへの力を溜めこんでいます。左の肩も、それほど回ってはいなく左腕を伸ばすことを優先したテークバックです。

 

手首もしっかりと固定されていて、クラブヘッドが落ちていることはありません。上半身が伸びたあとダウンスイングとなりますが、腰の回転と左足の膝を落とすように開始しています。早い段階で身体の正面がボールの方向を向いており、先に腰が進行方向へと向いています。肩の力を加え振りおろしていることからヘッドスピードが生まれクラブのシャフトが大きくしなっています。

 

インパクト前にひねり出した腰と左足に軸を作り、左肩からグリップ、そしてボールが経てのラインでボールを捕らえています。同時に身体をそり上げており、左腕がしっかりと延びている状態でショットをしています。お腹は進行方向を向いていますが、肩は前方を向いており、正面でしっかりとボールを拾い上げているといったインパクトです。

 

フォロースルーは、最後まで頭の位置を我慢し自然な流れで振りぬいています。左足の軸を中心に壁を作り、上半身をひねることでバランスを維持しています。フィニッシュではクラブが前方に戻ってきてしまうほど振りぬいていて、とてもバランスが良いスイングと言えます。左腕を伸ばすのを維持しながらも肩を大きく回し込むことでクラブが回り切っていますので、肩の力が抜けて楽な状態でフィニッシュになっていると言えます。

 

無理な姿勢で終えるスイングは、どこか負荷がかかりますが、まったく負荷のないスイングです。