アン・ソンジュ|ゴルフスイング動画解説

 

 

アン・ソンジュ選手のスイングは体格を活かし力強いショットを放つものとなっています。グリップは、左手のみを絞り込みながら握っています。左手の甲が前に見えており、腕をしっかりと地面方向へ伸ばして低い位置にグリップを置いています。右手は逆に少しだけ開いて握っています。親指は、グリップの中心よりも右側に置いてあり、軽く添える程度の力だと思われます。

 

アドレスは両足をあまり曲げずに、お尻を突き出し上半身を倒し込むことでボールとの間合いを取っています。軸は、ほぼ中央ですが、頭の位置が、少しだけ右側にあります。そのことで、ボールへの視線は、斜め上からとなっており、少しだけ覗き込むような状態となっています。また、両腕のわきの内、右腕がしっかりと閉められており、左手の支えになるよう力が入っています。

 

左肩に対して、右肩の方が大きく下がっていて、左腕をしっかりと伸ばすことに重視したアドレスです。テークバックは左手の手首に力を入れているところから始まっています。縦の浅いインの起動をクラブが上がって行きますが、同時に左足の膝が内側に寄って行っています。中央にあった軸は、左側へ移動しトップへと達しています。

 

トップの位置は、身体が、とても伸びており高いところにあります。手首は固定され、クラブがぶれないようになっています。トップのときには、テークバックで移動した左の軸が中央に戻っており、腰をひねることからダウンスイングへと流れています。左足もトップのときには、中央から左側へ戻っており、全身を伸ばすことが出来るようにバランスをとっています。

 

腰のひねりに肩の回転を加え、力強くクラブを振りおろしていますが、インパクトの前に身体は正面を向いており、左足を柱にして状態を上げながらインパクトをしています。両足をしっかりと伸ばし、左腕が伸びきったところでボールを捕らえており、ハンドファーストで適度なタメが出来ています。

 

フォロースルーは、クラブヘッドを押し出すようにしており、状態を左足方向へ集め縦のラインを作りフィニッシュとなっています。クラブヘッドが戻ってくるほど振り上げており、肩の力が楽な状態になってるのがわかります。

 

その肩の回転は、必要以上に全身の伸びと一緒に最後まで上がっており、背中の後ろに回ったクラブが、はじめはクラブヘッドが、地面に向いていましたが、肩を上げ続けることで、クラブヘッドが上がり進行方向へ向いて行くといった動きをしています。手首の力の加減もありますが、身体の回転を最後まで振り切るといったことを重視しているフィニッシュです。