横峯さくら|ゴルフスイング動画解説

 

 

横峯さくら選手のスイングは、とても特徴的なものです。グリップは左手を絞り込むように持っていますが、左の腕から絞り込んでいるのがわかります。そして右手は左手を支えるように添えています。重心をアドレスのときから少しだけ右に寄せていますが、左足の膝を曲げ、前方へ出すことにより中心へ近付けています。

 

身体が少しだけ開いていますがグリップを絞り込むことでクラブフェイスは正面を向いています。テークバックはクラブヘッドから開始しています。ここからが横峯さくら選手のスイングの特徴ですが、まったく重心を移動させずにトップをいっぱいまで高く持っていきます。そして左腕のしなりをつけ、右腕も曲げることでクラブヘッドが横峯さくら選手の前まで来てしまっています。ここまでグリップを接点にクラブを曲げる選手は少ないです。

 

腰はテークバック方向へ曲がってはいますが、そんなに左右への曲がりはなく、どちらかというと上半身が上へ伸びているといったテークバックです。膝と腰を同時に戻すようにダウンスイングへ移ります。トップのときに大きく振り上げたクラブヘッドは、もちろんのこと遅れて追ってきます。そして左腕のしなりは、さほどしなっていません。

 

ですが、腰と肩の回転によりヘッドスピードは上がっています。また、軸は中心より、やや左に持ちながらインパクトとなります。インパクト前には、すでに腰と肩の回転がボール進行方向へ向いて、クラブヘッドが大きく遅れて追ってきているといったスイングです。左足は重心を移動させすぎないように、しっかりと支えています。

 

そしてボールを捕らえる、はるか前からタメが出来ており、身体は進行方向へ向いているものの、頭はしっかりと残っていますのでクラブフェイスを正確に当てているのがわかります。インパクトと同時に全身を伸ばし上げ、クラブを引き戻すようなスイングでフォロースルーへとなります。横峯さくら選手のフォロースルーの間には一呼吸があります。

 

それはボールを押し出すといった起動をヘッドが通っているため出来る呼吸です。最後まで左に壁があるようにあまり大きな体重移動をしないのが特徴のスイングです。

 

フィニッシュでは、両肩がしっかりと回りこんで後方へ流れており、クラブも進行方向へ戻ってきていますが、クラブヘッドが高い位置にあり、クラブが横のラインを維持していますので、手首の力が残っている状態でクラブをかつぎこんで終えています。左足と右足が近いところにある縦ラインの重心維持をしたフィニッシュです。